読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でばいすの山小屋

デバイスとかクラウドを実験中。IoTのふもとあたりをうろうろ。

PSoC Creator 4.0 をインストールしてみる

PSoC Advent Calendar 2016の2日目の記事です。

PSoC Creator 4.0 を Windows10 にインストールします。
PSoC 4、PSoC 4 BLE、PRoC BLE、PSoC 5LP、EZ-BLE (PRoC/PSoC) 開発する際のインストール手順になります。
PSoC 3 開発をする場合は、Keil のライセンス認証が必要になります。認証登録については扱いません。)
(FM系MCU 開発をする場合は、PDLのインストールが必要になります。この記事では扱いません。)

ログイン

PSoC Creator をダウンロードするには、Cypress のホームページにログインする必要があります。
https://www.cypress.com/user/login
f:id:blgkns:20161201185931p:plain:w320
上記ページよりログイン(アカウントがない場合は、アカウントを作成します)

ダウンロード

PSoC Creator のページに行き
http://japan.cypress.com/products/psoc-creator-integrated-design-environment-ide
f:id:blgkns:20161201163745p:plain:w320
右側の「PSoC Creator for Windowsのダウンロード」をクリックし、ダウンロードします。

Akamai ダウンロードマネージャがインストールされてない場合は、こちらの画面が表示されます。
f:id:blgkns:20161201163746p:plain:w320
Akamai ダウンロードマネージャをインストールする場合は、表示に従って、ダウンロード/インストールして、再度、上記URLにアクセスします。

直接、PSoC Creatorをダウンロードする場合は、ダイアログを閉じて、「download the file without using the download manager」を選択します。
f:id:blgkns:20161201163747p:plain:w320


インストール

インストーラ ( PSoCCreatorSetup_4.0_es100_b432.exe ) (2016/12/01時点) を実行する。

.NET Framework 3.5」がインストールされていない場合
下記のような表示が出てインストールが中止されます。
f:id:blgkns:20161201163748p:plain

.NET Framework 3.5」をインストールします。
「コントロールパネル」の「Windowsの機能の有効化または無効化」で、
.NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0を含む)」にチェックをつけて、「OK」
f:id:blgkns:20161201163749p:plain

.NET Framework 3.5」のインストールが終わったら、再度、PSoC Creator のインストーラを実行します。


画面に従いインストールしていきます。
f:id:blgkns:20161201163750p:plain

f:id:blgkns:20161201163751p:plain

f:id:blgkns:20161201163753p:plain

f:id:blgkns:20161201163752p:plain

f:id:blgkns:20161201163754p:plain

f:id:blgkns:20161201163755p:plain
名前とメールアドレスを入力

f:id:blgkns:20161202004722p:plain
FM系MCU開発用なので、Cancelを選択

f:id:blgkns:20161201163757p:plain
Cypressのウェブサイトでログインした時のメールアドレスおよびパスワードを入力

インストール完了!

開発キット

持っている開発キット(ハードウェア)にあったパッケージをインストールすることで、PSoC Creator をより便利に使うことができます。

たとえば、「PSoC 5LP Prototyping Kit」の場合、
CY8CKIT-059 PSoC 5LP Prototyping Kit With Onboard Programmer and Debugger
このページの「Related Files」の
「CY8CKIT-059 Kit Only (Kit Design Files, Documentation, Examples) 」をダウンロードし、インストールします。

新規プロジェクト作成時に、対象のキットが表示されるようになります。
f:id:blgkns:20161201163758p:plain


BLE Pioneer Kit の場合も下記からダウンロードして、インストールしてください。
※キットによっては、別のソフトウエアのインストールを要求されることがあります。

CY8CKIT-042-BLE Bluetooth Low Energy (BLE) Pioneer Kit
「Download CY8CKIT-042-BLE Kit Only Package (Kit Design Files, Documentation, Examples)」

CY8CKIT-042-BLE-A Bluetooth Low Energy 4.2 Compliant Pioneer Kit
「CY8CKIT-042-BLE-A Kit Only (Kit Design Files, Documentation, Examples) 」

その他、たくさんの開発キットがありますので、お持ちのキットのページからダウンロードしてください。
また、キットによっては、回路図やBOMを置いてあるので、いろいろ参考になります。

Keil ライセンス取得ダイアログについて

しばらく使っていると、Keil のライセンス取得を求められるようになります。
以下の手順で、ダイアログ表示を止めることができます。
(※PSoC 3 で開発する方は、ライセンスを取得してください。本記事では扱いません。)
メニューの「Tool」「Options」で、
f:id:blgkns:20161201163759p:plain
「Don't show Keil registration....」に、チェックをつけます。

さて準備は出来ました!

PSoC Creator でいろいろ作ってみましょう!